換金時に現金化しやすいポイントサイトの選び方

ポイントサイトに登録して、アンケートに回答したり広告クリックなどでポイントを貯めてお小遣い稼ぎをすることができます。貯めたポイントはサイトごとに、現金や商品券・ネットショッピングで利用できるポイント・航空会社のマイル・クレジットカード会社のポイントなどに換金することでモニターが報酬を受け取るシステムになっています。ポイントサイトの多くは貯めたポイントを交換するための条件が定められています。例えば、最低交換ポイント数や交換可能な単位が決められていたり、現金への交換ができない場合があります。現金に交換ができても振込手数料が差し引かれる場合もあります。せっかく貯めたポイントを現金化できなければそれまでの労力が水の泡となってしまいます。ポイントサイト選びのコツは現金化できるかどうか、現金化する際の手数料、最低交換ポイント数を比較することが大切です。現金化ができないサイトであっても日ごろ使用するポイントや商品券などに交換できれば問題ありません。どうしても現金に交換したいのであれば、一旦商品券などに交換してから別の手段で現金化をすることになります。ポイントサイト選びは現金に交換したり、現金に交換しやすい商品券に交換できるサイトを探す必要があります

数あるポイントサイトの中から登録するサイト選びの優先順位は1.現金に交換可能で最低交換単位が低いこと 2.交換手数料が無料であること 3.サイトから直接現金に交換ができなくても商品券や他のポイントサイトを経由すれば現金に交換が可能であること、です。1の最低交換ポイント数については100円~1000円であれば良いでしょう。最低交換単位が1万円以上に設定されているサイトもありますが、これではいつまで経っても報酬を受け取ることができません。2の現金に交換する際に振込手数料が差し引かれてしまうサイトがありますが、他のポイントに交換してから振込みを行えば手数料が無料になるケースがあります(例:infoQからポイントタウン経由で現金化)。現金の振込先に楽天銀行を利用すれば振込手数料が無料になるだけでなく振込回数に応じて楽天ポイントも貯まるので、可能であれば最低金額ずつ振込の回数を多くすればお得です。現金化ができない場合には一旦商品券などに交換してから別の手段で現金化します。この場合、クレジットカード会社の商品券や図書カード、グルメカードなど汎用性の高い金券に交換ができるサイトを選びます。商品券として使用すればベストですが、どうしても現金化したいのであればチケットショップを利用して換金することになるので、1.有効期限が定められていない 2.お釣りが出る、ような金券に交換できるサイトを選択しましょう。

公開日: