*

クレジットカード現金化業者や金券ショップで換金するリスク

金券を買い取る金券ショップや、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する業者は、それ自体違法ではありません。それを利用する人についても違法性はありません。しかし気を付けなければならないのは、クレジットカードを付与されるにあたってカード会社と交わしている契約です。カードを作るときにはカード会社の会員となって、会員規約に同意することを求められています。この同意がない限り、カードは発行されませんので、カードを所有している人は必ず会員規約に同意の上で会員になっています。この中に「カードを使って換金目的の購入を禁ずる」とあります。文言はそれぞれの会社ごとに若干違いますが、要するに「換金するために、クレジットカードを使って物を買うということはやめろ」という話です。現金化業者の利用や金券ショップに売るための何某かを購入して売るという行為は、まさしくそれに当たります。それがカード会社に知られれば、契約解除となる可能性がありますし、その際に残債一括請求されるといったリスクも負うことになります。それが異動案件となれば信用情報機関にも乗ってしまいますので、一定期間、他の契約が結びにくくなる可能性もあります。

なぜそのような項目があるのかといえば、クレジットカード本来の使い方とは大きく違うこともありますし、「物を買って現金化する」という行為が、債務事故直前、家計破たん間近といった末期状態だということを、カード会社は経験則で知っています。このように現金化することで、さらに本人の状態も悪くなりますが、自己破産や個人再生手続きに入られた時のカード会社の損失も増やしてしまいます。そのような損失を最小限にとどめるために、カード会社は現金化を禁じている面があると考えられます。現金化業者の利用や金券ショップでの換金を目的にものを購入している事実が判明すれば、契約解除を行い、契約解除によって契約中の利益が損失しますので残債一括請求の処置を取られることがあります。残債一括請求は、カード会社も回収が目的なのですから、誠実に対応することで、分割にしてもらえたりということはあるのですが、カードが戻ってきません。現金化や換金はこういったリスクを負っていることは念頭に入れておきましょう。とはいえ、これが露見するタイミングの多くが、債務事故を起こした時です。しっかりと支払っているのであれば、何を購入してその後どうしようとカード会社はわかりませんし、ある程度は寛容です。要は「完済できるのか」を、利用者側がシビアに考えなければならないのです。

携帯電話の現金化・換金は三つ葉STORE

公開日: